結婚は時間との戦い

結婚相談所 大阪大阪の結婚相談所に登録をする人は、本気で結婚を考えている人です。

結婚にたいしての本気度が、出会い系サイトなどとの違いでしょう。

恋人をつくりたいというだけの人は、ひやかしになりかねないので結婚相談所への登録はやめたほうがいいです。

結婚は時間との戦いでもあります。

人によって考え方はさまざまですが、女性が子どもを産める年齢には限界があります。

世界では70歳、日本では60歳が最高年齢になるようです。

この数値だけを見ると意外と高齢になっても子どもを産めると考えそうになりますが、このデータは体外受精によるものです。

実際には50歳前後が限界になるでしょう。

40代後半くらいになると子どもができにくくなってくるので、30代後半くらいまでに子どもを産むのが理想と言われています。

結婚にあせっている人は、ゆっくりと時間をかけて理想の相手を見つけている余裕がないこともあります。

「時間を無駄にしたくない」という希望もあるため、結婚相談所では時間制限がもうけられていることが多いです。

具体的には、特定の相手と6ヶ月間お付き合いをして、結婚が成立しなかったらそこで終わりにするといった具合です。

男性にとっては、むしろ大阪の結婚相談所はメリットが大きいと感じられるのではないでしょうか。

一般的な出会い系サイトの場合、圧倒的に男性の割合のほうが多いので、男性会員は不利になります。

しかし結婚相談所では、男女の比率はほぼ1対1です。

むしろ女性の比率のほうが高いという情報もあります。

そのため、男性であることが不利に働かないというメリットがあります。

大阪の結婚相談所に登録をしたら必ず相手を紹介してもらえるというわけでもありません。

条件をつけるほど相手を紹介してもらえる確率は下がります。

例えば、高身長・お金持ち・30代といった条件をつけると、マッチする人の人数が減るので当然結婚を成功させることは難しくなります。

かといって妥協をしすぎても、なんのために結婚相談所に登録をするのかわからないでしょう。

バランスが重要ということです。